クリーニングの基礎知識

ダウンジャケット・コートのクリーニング|料金相場・頻度・方法は?自宅で洗える?

更新日:

ダウンジャケットはクリーニングに出した方が良い?

ダウンジャケットってクリーニングに出した方が良いの?

冬場の必須アイテムであるダウンジャケットやダウンコート。

ダウンのクリーニング料金の相場は?

ダウンジャケットのクリーニング相場はどれぐらいなのでしょうか?

ダウンジャケット:2850円~

ダウンコート:3150円~

ダウンベスト:2280~

宅配クリーニングの大手、リネットでは上記のような料金体系になっています。

加えて、ブランド物等に使用する贅沢手仕上げコースは追加で1500円が掛かってきます。

これが大体クリーニングに出した時のダウンの相場になります。

ダウンジャケットのクリーニングはどれぐらい掛かる?

ダウンジャケットをクリーニングに出した場合、料金はいくらぐらいかかるのでしょうか。

高そうなイメージがありますが、実際は1,800~2,500円程度のところが多いようです。

ただし、ブランド品のダウンを高級クリーニング店に出す場合、6,000円~10,000円以上するところも珍しくないです。

ちなみに、ダウンベストだともっと安く、ダウンコートは高くなります。

これは、生地の面積によるところが多いと思います。

ダウンジャケットはどれぐらいの頻度でクリーニングすれば良い?

ダウンジャケットをクリーニングに出す時期ですが、特別目立った汚れがなければ、シーズン後に一度出せばOKです。

あまり頻繁に出し過ぎすと、逆に生地を傷めてしまう恐れがあります。

ただ、ダウンを汚してしまった時はなるべく早くクリーニングした方が良いです。

ダウンジャケットは自宅でクリーニングできる?

ダウンジャケットは家で洗えます。ただし、洗えないものもあるので確認が必要です。

洗濯表示

洗濯表示をチェックしましょう

 

洗濯機マーク、手洗いできるマークがあればOKです。

手洗い不可であれば、クリーニングに出しましょう。

生地の素材

ダウンジャケットの表地には、ナイロンやポリエステルがよく使われます。ナイロンは水分や摩擦に強いです。

また、保温性の高い薄手で緻密な織物である事も特徴です。

ただし、熱に弱かったり、日光やガスによる変色しやすいデリケートな素材でもあります。

ポリエステルは型崩れに強く、収縮しにくく乾きやすいので、洗濯しやすいメリットがあります

一方で、静電気や毛玉が発生しやすく、汚れを吸着しやすいです。

その他、ウールやレザーの素材は洗うと縮みが出る場合があります。

このようにダウン素材のジャケットやコートはデリケートな素材が使われている事が多く、

かつ、高価なものが多い傾向があります。失敗した際のリスクが大きいとも言えます。

その為、プロのクリーニング業者に任せた方が安全です。

おすすめのダウンジャケットクリーニング方法

安価なダウンジャケットであれば、自宅で洗濯する事も可能です。

ただし、ブランド品等の高価なダウンジャケットについては、

クリーニングに出した方が安心だと言えるでしょう。

ブランド物のダウンのクリーニングは専門の業者に任せるのがおすすめです。

ダウンをクリーニングに出すのであれば、HIRAISHIYAがおすすめします。



-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのおすすめ比較ナビ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.