クリーニングの基礎知識

スーツやジャケット、衣類の油汚れの落とし方について【クリーニング】

更新日:

大事なジャケットにシミが付いてしまったよ
そんな時は慌てないで、シミ抜きをしよう。場合によってはプロのクリーニング業者に任せる事も考えようね

 

気になるスーツのシミを簡単に落とすには?

仕事で毎日着ているスーツは、少しずつ汚れがたまっていきます。

汗が染み込んだり皮脂汚れがついたり、うっかり食べ物を落としてシミになったりすることはよくあります。

簡単なシミなら自分で落とすこともできますが、油染みを抜く事はとても難しいです。

衣類のシミの特徴

衣類に付着する汚れやシミには大きく分けて4種類あります。

水溶性

水溶性のシミは、文字通り水に溶ける性質があります。

例えば、コーヒーや紅茶、ジュースのシミはこれに当たります。

このシミは、文字通り水に溶けるため、洗剤で洗えば落とすことができます。

油溶性

油溶性のシミは、油に溶ける性質があります。

例えばカレーや口紅、皮脂、食用油などが油溶性に該当します。

水ではなくに溶けるため、頑固な油溶性のシミはを使って落とします。

軽い油溶性のシミなら台所用洗剤でも落とせる可能性があります。

洗剤でも落ちない、頑固なシミはクレンジングオイルを使えば落とせる可能性があります。

不溶性

不溶性のシミは水にも油にも溶けません。

墨汁や泥、土汚れ、ホコリや煤などが不溶性です。

このシミは落とすのが難しく、水や油では落とせない為、歯磨き粉などをこすりつけて落とす方法があります。

しかしながら、完全に落とすことは困難です。

汚れとシミの違い

染みとは、「汚れ」が空気中に浮遊している化学物質や紫外線、人体から分泌する皮脂や垢(あか)などの影響で繊維に結合し、

通常のクリーニングでは落としきれないものを言います。

また、「染み」は時間が経過し過ぎたり、汚れの種類によっては「染み」を落とすのに高度な技術を要する場合があります。

そこでクリーニング店では、「染み抜き」を通常のクリーニング工程に含めて行うお店や、別サービスとして扱うお店など、

染みの状態や方針によって様々なお店が存在します。

つまり、一般的に「染み(シミ)」を落とすためには、

いわゆる洗濯(クリーニング)とは別の方法が必要です。

汚れを落とすうえでのメカニズムも異なります。

 

自宅でスーツの油汚れを落とす方法は?

では自宅でスーツの油汚れをケアする方法はあるのでしょうか?

シミが付いてから時間が浅かったり、比較的軽い汚れやシミの場合は、

家庭にあるものでも落とせる可能性があります。

スーツが洗濯できるかどうかに注意

スーツ自体が洗濯できないデリケートな素材の場合、プロのクリーニング業者に任せた方が良いでしょう。

自宅で洗濯できるかどうかは、洗濯タグの表示によってわかります。

 

タグを見て自宅で水洗い可のマークがついていたら洗濯できます。

ただ、スーツはデリケートな素材が多いため、基本的にはクリーニングに出した方が安全です。

洗濯する際には自己責任になりますので注意しておきましょう。

 

スーツの油汚れを落とすのに必要なものは?

スーツの油汚れを落とす場合、汚れやシミの原因は油溶性の汚れだと思います。

その為、必要なのは油溶性の汚れを落とすための道具になります。

油溶性の汚れを落とすために必要なもの

・洗面器(洗面台の水をためられるところでも可)

・台所用洗剤

・歯ブラシ

スーツの油汚れの落とし方

1. ぬるま湯につける


油汚れは、高温の方が汚れが浮きやすくなります。
そのため、水よりもぬるま湯の方が汚れを落とすのに適しています。
まずは、洗面器や洗面台にぬるま湯をためて、シャツをつけます。

 

2. 台所用洗剤をつけて歯ブラシで洗う

シミの上に台所用洗剤を垂らします。
それから歯ブラシで細かく擦り洗いしましょう。

3. 水で洗い流して普通に洗濯

洗った部分を水で洗い流して、いつも通りの方法で洗濯します。洗濯機OKなら洗濯機で、洗濯機NGなら手洗いで。

いつも通りの方法で洗ったら乾かして、染み抜きは完了です。

スーツの油汚れの注意点

頑固な油汚れは、時間をかけないとなかなかきれいになりません。

布で強く擦ったり、揉んだりしてしまいがちですが、これは危険です。

シミが取れるどころか、繊維の奥まで汚れをすり込んでしまう事があります。

揉みこみ洗いも、ゴシゴシと強く擦ってしまうと生地が伸びる原因になります。

また、こすったときの摩擦でスーツの生地が痛むこともあるので、

汚れを落とすときは「優しく、丁寧に」を心がけましょう。

シミの部分に石鹸や食器用洗剤、クレンジングオイルなどを使う場合は、

色落ちすることもあるので目立たない場所で試してから使うと安心です。

スーツの生地は、繊細なものが多いため、細心の注意を払う必要があります。

ひどい油汚れはプロのクリーニング屋さんに任せましょう

 

ここまで自宅での油汚れのケア方法について説明しましたが、

あまりにもひどい汚れや、時間が経ってしまった頑固な染み、

自宅での洗濯ができないスーツやジャケットのクリーニングは、

プロの業者に任せるのが安心です。

本サイトでは便利な宅配クリーニングサービスの比較を行っているので、

ぜひ参考にしてみてください。

【TOPページ 】宅配クリーニング徹底比較!

 

 

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのおすすめ比較ランキング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.