技術

梅雨の時期に気になる部屋干し洗濯のコツは?洗濯物を早く乾かし、生乾きを抑えるポイントをチェック

投稿日:

皆さんも梅雨の時期に洗濯をした際に、困った経験はありませんか。

雨が降っていると大切な衣類を外に干せず、部屋干ししなければならない場合も多いと思います。

部屋干しをしていると気になるのが生乾きの臭いです。

そこで今回は、乾燥機や除湿器を使わずに「洗濯物を早く乾かす方法」と、「生乾きの臭いを抑えるポイント」を詳しく紹介します!

 

洗濯物の臭いの原因は「モラクセラ菌」という雑菌

部屋干しの悩みでもっとも多く耳にするのが「臭い」です。

きちんと洗っているのに独特の臭いがするのは、「モラクセラ菌」という雑菌が主な原因です。

このモラクセラ菌が、洋服に残った皮脂などの汚れを食べながら繁殖、増殖していく事で臭いが発生します。

洗濯で落としきれなかったたんぱく質や皮脂などの汚れをモラクセラ菌が食べることにより、増殖することで臭いを放つようになります。

とくに梅雨時や室内などの湿度が高いときは注意が必要です。この菌は水分がある場所で多く発生するため、梅雨の時期は衣服を乾燥させるのに時間が掛かるため、モラクセラ菌が発生し易くなります。

生乾き対策にはどうすればいい?

①洗濯機を清潔に保つ

汚れているのは洗濯物だけでなく、実は洗濯機の中も衣類から出るゴミ、洗剤カスや水垢、カビなどがたくさん潜んでいて汚れています。
2つのポイントを押さえて、洗濯機の中を清潔に保ちましょう。

 ポイント1 洗濯をした後は洗濯機の蓋をあけておく

洗濯後は洗濯機のフタを開け、洗濯槽を乾燥させるようにします。

これにより、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

 ポイント2 洗濯機の中を掃除する

洗濯層は3か月に1回は洗濯するようにしましょう。ドラッグストアなどで洗濯槽用の洗剤が売っているので、これを使って洗浄するようにします。

 

②干し方を工夫する

干し方を工夫して、乾燥までの時間を短くしましょう。

一般的に雑菌が繁殖して臭いが出始めるまでの目安は5時間程度と言われていますので、それ以下の時間で乾燥が終わるようにしたいですね。

下記のような工夫をすることで、空気の通り道を作り、乾燥の時間を短縮するようにしましょう。

・ある程度間隔を開けて干す
・裏返して干す(パンツなど)
・上下逆にして干す(長袖の衣類など)
・生地と生地が触れないようにして干す

 

③干す場所を工夫する

干す場所を工夫しましょう。重要なのはなるべく湿度が低く、通気性が多い場所で干す事です。

最もおすすめなのは、お風呂場ですね。浴室は換気扇があるため湿気を追い出しやすく、衣類からの湿気により壁や床・じゅうたんなどを傷める心配もありません。特に最近は乾燥機がついている浴室も多いので、そのような家であれば上手く活用できるでしょう。

次点としてリビングでも良いでしょう。一般的にリビングは広く、通気性が高いです。また、設置されているエアコンのドライ設定などを使って湿気を解消する事で、乾燥までの時間を短縮できる事が見込めます。

 

 

宅配クリーニングという手段もあります

梅雨時期の生乾きを解消する手段・テクニックを紹介しましたが、とはいえリビングが洗濯物でいっぱいになってしまったり、梅雨の洗濯の一手間が惜しいという方も多いと思います。

そういったときは、宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングは、自宅で衣類の集荷・受け取りが可能なクリーニングサービス。

好きな時間にネットから申し込めるので、店の営業時間を気にしなくても良いですし、家の中に洗濯ものを干して生乾きの心配をする必要もありません。

料金はかかりますが、洗い直しの手間を考えるとかなりのメリットがあると思います。

部屋干しの悩みを手軽に解消したい方は、ぜひご利用を検討ください。

宅配クリーニングのおすすめ業者は下記の記事で詳しくご紹介していますので是非チェックしてみてください。

宅配クリーニングサービス徹底比較!!

 

-技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅配クリーニングの撥水加工について

クリーニングのよくあるオプション「撥水加工」って何? クリーニングのオプションでよく”撥水加工”って聞きますよね。 その名の通り、衣類に水をはじく加工を施すことを言います。 撥 …

スーツのクリーニング頻度の目安や相場-長く使うための秘訣とは?

目次1 スーツのクリーニング2 スーツのクリーニング頻度の最適な頻度・タイミングは?2.1 スーツをクリーニングに出すときは上下セットで2.2 クリーニングに出す際、スーツのポケットは必ず確認する事3 …

クリーニングのはっ水(撥水)加工・防水加工について

雨や雪、食べこぼし等でお気に入りの服が台無しに。 そんな悲劇を防ぐために一役かってくれるのが、クリーニングによる撥水(はっすい)加工です。 ただ、市販のスプレーなどで済むのであれば値段を抑えたいという …