比較記事

ネクシー(NEXCY)とリネット(LENET)を徹底比較!どちらがおすすめ?

投稿日:2017年10月13日 更新日:

お得なのはどっち?ネクシーVSリネットを比較してみました

ネクシー

リネット

長崎県島原市を拠点とする老舗のクリーニング店が営む宅配クリーニングサービスです。ネクシーは、安心の宅配クリーニングサービスの提供、洗いと仕上がりの良い品質、補償基準(クリーニング業法が定める基準)が特徴のトップクラスの宅配クリーニングサービスです。 ネット最大手の宅配クリーニングサービスです。リネットはプレミアム会員向けのサービスが充実しており、リピーターが多い宅配クリーニングサービスです。会員は往復送料無料となり、品質も高く、オプションも取り揃えている大手のクリーニングサービスになります。

【宅配クリーニング料金比較】ネクシーとリネットどちらが安い?

ネクシー(通常) ネクシー(ビジネス) ネクシー(メンバーズ) リネット(通常) リネット(メンバーズ)
おすすめ度 ビジネスマンにおすすめ! 一位! 二位!
ジャケット 850円 680円 680円 950円(初回・2回目は665円)
スーツ下 550円 440円 440円 660円(初回・2回目は462円)
コート 1800円 1800 1350円 1900円(初回・2回目は1330円)
ワイシャツ 250円 150円 150円 290円(初回・2回目は203円)
送料 1080円・3000円以上送料無料(九州・四国・中国・関西)

1620円・4000円以上送料無料(関東・信越・東海・北陸)

1800円・10000円以上送料無料 1800円・3000円以上送料無料
会員料金   月額162円(税込) 月額324円(税込) 月額390円(税込)

年間4680円(ケアパス2400円付き)

上質素材 +216円(カシミア・シルク・モヘア・アルパカ・アンゴラ・麻・ベロア)

+324円(フリル・レース・プリーツ・装飾品・一部合皮・フェイクファー)

+1080円(全身合皮・ダウンライナー)

 +200円(カシミヤ・アンゴラ・モヘア・シルク・麻・合皮・ベロア・アルパカなど)

+1000円(ダウンライナー・ファー・ボア)

料金についての比較をしてみます。宅配クリーニングの料金形態としては、ネクシーとリネットはアイテム毎に料金が決まっているタイプとなっています。上記の表ではオーソドックスなジャケットやワイシャツでの比較をしていますが、メンバーズで利用することを前提とすると、ネクシーのほうが料金は安くなっています。但し、リネットは初回、2回目の料金が30%OFFされるので、お試しで利用してみたいのであれば、まずリネットを使ってみるのは悪くないと思います。

送料については、ネクシーは長崎に拠点があることもあって、西日本エリアの方が有利な料金設定になっています。但し、リネットは最近送料の値上げを行ったため、関東エリアにおいても、少量の衣類を出す場合はネクシーの方が若干有利になっています。

会員料金については、大きな違いとして、ネクシーにはビジネス会員というビジネスで使用する衣類が安くなる会員が用意されています。サラリーマンはスーツやワイシャツなど毎日着用するような衣類を出す頻度が高いと思いますので、おすすめです。メンバーズ会員についてはネクシーの方が若干月額の金額が有利です。但し、リネットの方は年間の利用料を一括で払うとクーポンが貰えるため、実質半額の料金で利用することができます。

【宅配クリーニングオプション比較】ネクシーとリネットどちらのオプションが充実?

ネクシー リネット
しみ抜き ◎無料 ◎無料
再仕上げ ○1週間以内の連絡で対応可
衣類の修繕 ○ほつれなどは無償で修繕。状態がひどいものも有償でたいおう △不可
保管 ○3/1~7/31迄受付 △会員のみ利用可(現在新規受付停止中)
ハンガーBOX利用 ○ハンガーBOX利用可 ×
コンビニ持込み

ネクシーとリネットのオプションを比較してみます。双方ともしみ抜きは無償となっていて、気になるシミがあれば、発送時に伝えておくと、しみ抜きを無料で行ってくれます。戻ってきた衣類に気になる点がある場合の再仕上げも双方とも無償で行ってくれます。ただ、 保管サービスを利用したい場合はネクシー となります。リネットも保管サービスは用意されていますが、利用人数が限られており、現在は新規申し込みを中止しています。 保管を利用したい人はネクシーがおすすめ です。

ハンガーBOXはネクシー独自のオプションとなっており、大切な衣類はたたまずに配送してほしい、という方にはおすすめのオプションとなっています。

【ネクシーVSリネット比較まとめ】総合的に見てネクシーとリネットどちらがお得?

総合的に比較すると、ネクシーの方がややおすすめ度が高いです。

料金も長期で利用する事を考えるとネクシーの方が安いです。少し前までは関東圏で利用する場合はリネットの方が得だったのですが、最近値上げがあり、ネクシーの方が安くなりました。

オプションについても保管やハンガーBOXが利用できたり、ネクシーの方が選べる選択肢が多いです。

ただ、初回、2回目の料金はリネットが30%OFFとなるため安くなります。お試しで利用する分にはリネットを使ってみてもいいと思います。

ネクシーの記事を下記で紹介しています。気になる方は見てみてください!

ネクシーの口コミ・評判まとめ

リネットの記事を下記で紹介しています。気になる方は見てみてください!

リネットの口コミ・評判・レビューまとめ

-比較記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅配クリーニングのフェリシモとリネットの徹底比較!!

宅配クリーニングサービスのフェリシモ(カジサポ)とリネットを比較! 宅配クリーニング業者のフェリシモ(カジサポ)とリネットを徹底比較しました! リネット フェリシモ   料金 ・ワイシャツ …

布団の宅配クリーニングはここでOK!4社を徹底比較、最も優れたサービスは?

目次1 布団の宅配クリーニングサービスとは2 どの会社のサービスを選べばいいの?3 布団の宅配クリーニング業者の比較表4 結論、最もお得なふとんの宅配サービスは「リナビス」!5 シーズンオフは布団を保 …

5点からの宅配クリーニングサービス徹底比較!おすすめはここだ!

目次0.1 5点からクリーニングを出したいけど、果たしてどの業者が良いのだろう?0.2 衣類を5点から出す場合はどこがおすすめ?徹底比較0.3 5点から宅配クリーニングを出した場合のおすすめ比較表1 …

ベッドパッドもOK!ふとんの宅配クリーニング

ベットパッドのクリーニングがしたい! ベッドパッドのクリーニングがしたいんだけど、どうやってやればいいの? サイズも大きくて洗濯が大変だし、できれば業者に頼みたい。そんな悩みを抱えていませんか? ご安 …

1点から出せる宅配クリーニングサービス徹底比較!おすすめはここだ!

目次1 1点からクリーニングを出したいけど、果たしてどの業者が良いのだろう?2 衣類を1点から出す場合はどこがおすすめ?徹底比較3 1点から宅配クリーニングを出した場合のおすすめ比較表4  1点からク …