技術

宅配クリーニングの撥水加工について

投稿日:2017年8月26日 更新日:

クリーニングのよくあるオプション「撥水加工」って何?

クリーニングのオプションでよく”撥水加工”って聞きますよね。

その名の通り、衣類に水をはじく加工を施すことを言います。

撥水加工を施すと、水や油分を弾きますが、空気や熱は通すため通気性が保たれます。

一方、防水加工というものもあります。これは撥水加工とは全くの別物です。防水加工の場合、衣類の繊維の隙間をふさぐため、水が染み込むのを防ぐだけでなく、空気や熱も通しません。なので、撥水加工と比較して通気性が悪くなり、蒸れやすくなってしまいます。

・撥水加工は水をはじいて通気性もいい
・防水加工は水をはじくけど蒸れやすい

撥水加工を取り扱っている宅配クリーニング店はどこ?

宅配クリーニング点の中で、特に撥水加工に強みを持っている業者は「リネット」と「リナビス」です。
リネットは長年クリーニングのオプションとして撥水加工を用意しており、
撥水加工のノウハウがとても多くたまっています。
リナビスも同様ですが、こちらは5点、10点とまとめて衣類をクリーニングに出すタイプなので、
ケースによって使い分けてください!
こちらの記事もご参照ください
冬物のスキーウェア・アウターなんかをまとめて衣替えのタイミングで出したいという方は、
リナビスがおすすめです。
↓撥水加工を取り扱っているクリーニング店はコチラ



日常使いのクリーニングならリネット!



まとめて出すならリナビス

-技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした