技術

クリーニングのはっ水(撥水)加工・防水加工について

投稿日:

雨や雪、食べこぼし等でお気に入りの服が台無しに。

そんな悲劇を防ぐために一役かってくれるのが、クリーニングによる撥水(はっすい)加工です。

ただ、市販のスプレーなどで済むのであれば値段を抑えたいという気持ちもあると思います。

今回は、クリーニングのオプションとして付けられる撥水加工・の効果や持続期間、価格などを調査!

市販のスプレーや防水加工等との違いも気になるところなので、余さずご紹介していきます!

そもそもはっ水加工とは

そもそも撥水(はっ水)という言葉に馴染みのない方もいると思いますが。どういうものなのでしょうか?

一言で言うと撥水加工とはシリコンやフッ素などで生地の表面をコーティングし、コロコロと水滴をはじくための加工の事です。

生地をコーティングしても布目の隙間はふさがれないため、空気や蒸気は通し、通気性は保たれるので蒸れにくいというメリットがあります。

因みにクリーニングのオプションではなく、市販の撥水スプレーを使っても同様の効果を得る事ができます。

ただし、素材そのものではなく、生地の表面に後から加工を施しているだけなので、時間が経つと段々と効果は薄れていきます。また、水の量が極端に多い場合や、逆に霧雨のような小さい水滴の場合も、布目の隙間から中に浸透してしまう場合があります。

はっ水加工と防水加工の違い

一方で防水加工とは塩化ビニルや合成ゴムなど、生地そのものを水を通さない素材で作ったり、生地の隙間にゴムや合成樹脂を塗り込んで、水を通さないようにする加工を指します。

こちらは素材そのものが加工されているものなので後からオプションで付ける事はできません。雨合羽やレインコート、ゴム手袋などに施されている加工を防水加工と呼びます。

クリーニングのオプションとして後からコーティングするものは全て撥水加工になります。

クリーニングのはっ水(撥水)加工オプションは必要か?

それではクリーニングによくある撥水加工のオプションはわざわざ付ける必要があるのでしょうか?答えは”ものによる”です。

はっ水加工を付けたほうがよい衣類

撥水加工は、雨や雪の被害を受けやすく、ぬれやすい衣類に付けるのかお勧めです。具体的にはダウンジャケットやコート類ですね。

ウインタースポーツで使うアイテム、例えばスキーウェアやウール素材の帽子などにも付けておくのがお勧めです。

毎日利用するスーツ類にもつけておくと、比較的長持ちすると思います。お気に入りの衣類の中でも高価な衣類や、水に弱いウール生地のものには付けておいた方が無難でしょう。

逆にニットやセーターなどは風合いを損ねてしまうためお勧めできません。ブラウスやシャツ類などのアンダーウェアについても汗をすいにくくなってしまうので撥水加工はしない方が良いでしょう。

市販のはっ水(撥水)スプレーではだめなの?

それでは市販のはっ水スプレーではだめなのでしょうか。答えは市販のはっ水スプレーでもある程度の効果は見込めるが、効果はクリーニングのオプションの方が高いです。

はっ水スプレーとクリーニングのはっ水加工ではフッ素樹脂の分子の大きさが違うこともありますが、クリーニングのオプションでは全体を乾燥機で熱する仕上げを施すため、フッ素樹脂が生地に馴染み、水をはじきやすくなります。

これは専用の大きな乾燥機で行うため、個人がはっ水スプレーを使って処理するよりも高い精度・効果が見込めるのです。

ダウン・コート類の撥水加工クリーニングなら宅配クリーニングのリネット

ブランド衣類は生地が繊細なため、店によってはクリーニングを断られてしまうことも…。

モンクレールやタトラスなどの、高級衣類は実績のあるクリーニング店にお願いしたいですよね。

そんなときには、宅配クリーニングの「リネット」がおすすめです!

リネットは独自で撥水加工と撥水スプレーの違いを調査し、自社の高い技術力の検証なども行って記事にしており、信頼のできるクリーニング店です。

リネットの口コミや評判を下記で紹介しています。良かったらご覧になってください^^

リネットの口コミ・評判・おすすめポイント

-技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宅配クリーニングの撥水加工について

クリーニングのよくあるオプション「撥水加工」って何? クリーニングのオプションでよく”撥水加工”って聞きますよね。 その名の通り、衣類に水をはじく加工を施すことを言います。 撥 …

梅雨の時期に気になる部屋干し洗濯のコツは?洗濯物を早く乾かし、生乾きを抑えるポイントをチェック

皆さんも梅雨の時期に洗濯をした際に、困った経験はありませんか。 雨が降っていると大切な衣類を外に干せず、部屋干ししなければならない場合も多いと思います。 部屋干しをしていると気になるのが生乾きの臭いで …

スーツのクリーニング頻度の目安や相場-長く使うための秘訣とは?

目次1 スーツのクリーニング2 スーツのクリーニング頻度の最適な頻度・タイミングは?2.1 スーツをクリーニングに出すときは上下セットで2.2 クリーニングに出す際、スーツのポケットは必ず確認する事3 …